普段はなかなか伝えることができない
親への感謝の気持ちを伝える論文を募集します。



募集内容

テーマ「仕事や家庭で頑張っている親へ今だから言えるありがとう」

仕事や家庭で頑張っている親に対して、泣いたり、笑ったりしたエピソードや親へのエールとなるメッセージを添えて、働き方の多様性など社会におけるダイバーシティの在り方を主に家庭の視点から考える論文を募集します。

なお、作品は未公表のものとし、作品中に他人が著作権等をもつ著作物等が含まれる場合には、応募者の責任において、その著作物等について著作権者等から応募のための複製の許可を得てください。また、人の肖像等を利用する場合についても同様とします。

募集期間

2020年6月28日(日)~11月15日(日)(募集期間最終日の消印有効) 

応募資格

県内外の高校生、大学生( 専修学校・各種学校生を含む)

規格等

書式自由、文字数1,600字程度とし、冒頭に題名(作品タイトル)と氏名を明記してください。

応募方法

郵送の場合は応募用紙とあわせて下記応募先の宛先へ、電子メールの場合は応募用紙の項目を記載し、下記応募先の電子メールアドレスへお送りください。

学校で取りまとめて応募することも可能です。

なお、作品中に他人が著作権をもつ著作物等が含まれる場合には、許諾を得た著作物等とその著作権者等の連絡先のリストも添付してください。

募集チラシ・応募用紙はこちら


応募先

<郵送の場合>
700-0022 岡山県岡山市北区岩田町2-12F-ADIビル3階北 株式会社ログーデザイン内
「子から親へのエール論文審査実施事務局」宛
(応募の際は「子から親へのエール論文在中」と朱書きのこと)

<電子メールの場合>
diversity@logoo-sk.com


審査方法・各賞授与

岡山県内の大学関係者で組織する審査委員会で、厳正に審査を行います。

高校生の部・大学生の部それぞれで入選作品を選出し、その中から「岡山県知事賞」「岡山経済同友会代表幹事賞」「岡山大学長賞」(以下、「3賞」という。)を授与します(各賞の副賞 図書券 20,000円)。

また積極的に取り組んでいただいた学校には「ダイバーシティ教育推進学校賞」を授与します。


入選発表

2020年12月下旬に本人へ入選・入賞の連絡をいたします。なお、入選されなかった方への連絡はいたしません。


表彰式

2021年2月に岡山県庁で3賞の表彰式を行います。受賞された方はご出席をお願いします。

作品発表

2021年2月23日に開催予定の「学生と企業のためのダイバーシティシンポジウム」内での発表等を予定しています。その他、作品集として冊子を作成し高校や大学、その他関係者などに配布するとともに、当実行委員会のホームページに掲載いたします。

応募作品の出版権及び著作権と公開方法

応募作品の出版権及び著作権は、当実行委員会に帰属するものとします。審査結果の発表とその周知のため、3賞受賞作品を氏名、学校名等とともに広く公開、複製、出版などいたします。

また、論文審査および本事業を展開するための広報活動において、全ての作品を、氏名、学校名等を削除した上で複製、展示、公開いたします。応募者は、以上の点に同意したものと見なします。

その他

  1. 応募の個人情報は、実行委員会が管理し本コンクール実施に関わるやりとりに使用いたします。
  2. 文章作成や応募の際に発生する諸経費は自己負担願います。
  3. 応募書類はすべて返却しません。
  4. 応募作品の不慮の破損や紛失に関しての責任は負いません。

問合せ

ダイバーシティ推進実行委員会おかやま事務局(株式会社ログーデザイン内)
TEL 086-235-6010   FAX 086-899-6926
MAIL  diversity@logoo-sk.com
http://www.logoo-sk.com/yell
祝日を除く月曜日~金曜日10:00 ~ 17:00


主催者

ダイバーシティ推進実行委員会おかやま

(岡山県、一般社団法人岡山経済同友会、国立大学法人岡山大学)
 
後援

岡山県教育委員会、岡山県私学協会
​​​​​​​​​




これまでの受賞作品紹介









ダイバーシティ推進実行委員会おかやま
2020年度事業



  学生と企業のためのダイバーシティシンポジウム
  2021年2月23日開催予定


シンポジウム企業ブース出展募集

詳細はこちら

ブース出展企業募集
 







ダイバーシティ推進実行委員会おかやま